Australia プロジェクト・マンタ 〜海洋生物保全に向けた国際的な取り組み〜

Play

マンタを知れば、海がわかる。
海洋生物保全に向けた国際プロジェクト。

世界最多の固有種が息づく“命の宝庫”

日本からおおよそ7,000km離れたオーストラリアには、地球上の大半の生物種が生息していると言われており、しかも多くがこの地だけに生息する固有種。生物の宝庫と言われる所以です。その多様な生物を対象とした研究・調査も多く、今回のプロジェクトもオーストラリアだからこそできる活動でした。

変わりゆく海洋の生態系

今、自然環境の変化にともない、海洋の生物多様性も急速に失われつつあります。この問題に対して、ブラザーインターナショナル(オーストラリア) は、国際的な環境NPOであるアースウォッチと共に2008年から海洋生物保全のサポートを開始しました。

マンタを通じた海洋生物保全活動

プロジェクトの目的は、オーストラリア海域に生息するマンタの生物学的特性を調査すること。マンタは生態系を維持する重要な役割を持ち、その特徴的な姿から特定しやすい海洋生物です。マンタを調べることで、周辺海域の生態系を理解し、場合によっては保護活動を行う。そこからオーストラリアの海洋生物保全に役立てていきます。

Voice

ブラザーインターナショナル(オーストラリア)
CSRマネジャー

アレックス ロドリゲス

アースウォッチとブラザーの社員が生物多様性について学習する場があることは、非常に重要なことです。取り組みへの理解を深め、次のアクションに移すための、大きなきっかけになると思います。また、実際に調査の現場を訪れたことで、ブラザーの支援がどのように役立っているかがよくわかりました。地球の2/3は海。私たち人間の体も大部分が水でできています。水の環境を守ることの大切さを認識し、従業員全員が地球環境問題に高い意識を持ち続け、生命を育む海や海洋生物への取り組みを続けていきます。

Project Note

マンタを知ることで、生態系を理解し、保護に役立てる

特徴的な姿を持ち、海の中でも見分けやすいマンタは、環境の変化が海洋とサンゴ礁に与える影響をモニターするのに最適な指標動物です。今回のプロジェクトでは、オーストラリア海域に生息するマンタを調査。分布と生息環境、さらに移動や行動のデータを調べることで、周辺海域に生息する生態系全体を理解し、場合によっては保護することが可能になります。

CDB-COP10と愛知目標の達成にむけて

「愛知目標」は、CBD-COP10で採択された「生物多様性を保全するための戦略計画2011-2020」の中核をなす世界目標です。2020年までに「生物多様性の損失を食い止めるために効果的かつ緊急な行動を実施する」ことがCBD-COP10で合意され、各国に求められる行動が「愛知目標」として20の個別項目にまとめられました。ブラザーは、愛知目標を積極的に推進する企業活動の一部として、「プロジェクトマンタ」や、それにともなう「生物多様性学習プログラム」に取り組んでいます。

この活動は、皆さまからのクリック募金の支援により支えられております。
クリック募金に、ぜひ気軽にご参加ください。

クリック募金をする

Other story

SHARE