Thailand マングローブ林 再生プロジェクト 〜消えゆくマングローブ林を守る取り組み〜

Play

急速なマングローブ林の消滅危機。
豊かな生態系と人々の暮らしを守る。

マングローブ林が育む豊かな生態系

タイは熱帯地域に位置しており、年間を通じて気温が高い国です。自然環境も、その気候に適した進化を遂げており、中でも特徴的なもののひとつが沿岸部に広がるマングローブ林。そこは小魚、カニ、貝、エビの宝庫であり、豊かな生態系を育む重要な森林です。今回のプロジェクトは、このマングローブの再生を支援するものでした。

マングローブ林の再生に向けて

近年、塩田開発やエビ養殖の影響により、タイのマングローブ林は急速に減少。1961~1996年の間に約56%が失われました。生態系の危機であると同時に、津波の影響を受ける海岸部の住人の安全も脅かされる状態です。これらを少しでも緩和するために、ブラザーコマーシャル(タイランド)Ltd.は、2009年からマングローブ林の再生支援を開始しました。

広がる植樹活動の輪

これまでに苗木約1,000本分の寄付、苗木を波から守る“バンブーウォール(竹壁)”の設置協力、そして約1,500本近い苗木の植樹を行いました。2009年に植樹した苗木は順調に成長し、すでに小さな生態系を有するまでになっています。2014年には、従業員、取引先、学生、SNSを通じて募ったお客様や一般の方を含め総勢226名が植樹活動に参加しました。

Voice

ブラザーコマーシャル(タイランド)Ltd.
取締役社長

藤本智之

私たちブラザーコマーシャル(タイランド)は、全てのステークホルダーから尊敬されるべき組織でありたいと願っています。従業員、その家族、そしてビジネスパートナーが一体となってタイの自然を守っていく。このマングローブ林再生プロジェクトを通じ、ブラザーの環境保全に対する意識がタイの社会に広まっていることを、実感しています。またこの活動はブラザーコマーシャル(タイランド)にとっても、非常に有意義な活動だと感じています。

ブラザーコマーシャル(タイランド)Ltd.

パンスパー ワラピチェート

今回のマングローブ植樹活動は、私が前任の担当者から引き継いだ初めてのプロジェクトです。破壊されたマングローブ林を調査し、植える苗木の種類を選別し、たくさんの参加者と一緒に汗を流しました。タイのマングローブ林が本来の姿に回復するまでには、まだまだ長い時間が必要ですが、少しずつ植樹した苗が成長し、緑地が増え、水生生物も増えています。私はこれからもこの活動を続けていきたいと思います。

Project Note

従業員も一緒になって、多様な生態系を守り育てていく

今回のプロジェクトは、急速に減少したタイのマングローブ林の再生支援です。主な活動は、寄付、苗木を波から守るバンブーウォールの設置協力、そして植樹。活動を開始した2009年に植樹した苗木は、すでに小さな生態系を築きだしました。また、従業員自身が植樹活動に参加することで、環境活動への意識向上にもひと役買っています。

この活動は、皆さまからのクリック募金の支援により支えられております。
クリック募金に、ぜひ気軽にご参加ください。

クリック募金をする

Other story

SHARE