Better your earth.

失われた森林を再生し、保全する

豊かな自然を未来に残すために、私たちができること

森林は、私たちが暮らしの中で排出する二酸化炭素(CO2)を吸収して地球温暖化を抑え、土砂災害や洪水の被害を防止し、水質の浄化のはたらきをするなど、かけがえのないものです。しかしながら、伐採や土地開拓、山火事や気候変動など、さまざまな原因によって地球上の森林は急激に失われつつあります。 ブラザーは「Brother Earth(ブラザーアース)」という環境活動のスローガンを掲げ、環境保全活動を展開しています。世界各地で環境保護団体や地域社会と共に森林を守り、再生する活動に取り組んでいます。

植樹による森林再生と教育 | アメリカ

南北に分かれる広大なアメリカ大陸は各地で様々な環境問題を抱えています。火災や害虫などによって深刻な被害を受けた森林は、元の姿に戻るまでに何十年という長い歳月が必要です。ブラザーインターナショナルコーポレーション(U.S.A)は、2010年から森林保護団体「アーバーディ財団」と協力し従業員とその家族や、地域住民と共に植樹を行い、なるべく早い森林の再生のために活動しています。また、継続可能な環境保全を目指し、環境への意識を高める教育プログラムを実施・啓蒙する取り組みにも力を入れています。

アメリカ大陸 環境保全啓蒙プロジェクト 〜未来を見据えた環境保全活動と教育プログラム〜

タトラ山脈での森林再生 | スロバキア

スロバキア北部に位置するタトラ山脈は、国の象徴として国歌にも歌われる自然豊かな山です。しかし、2004年に発生した大規模な自然災害によって、12,000ヘクタールもの森林が破壊されました。この災害によって生態系や洪水など水の循環にも影響がおよび、深刻な被害を受けることになりました。ブラザーインダストリーズ(スロバキア)は、森林保護団体「ZASAĎ STROM」と協力し、多くの従業員や家族の参加のもと、地元の住民や国立公園のスタッフと共に植樹活動を行っています。この活動により、タトラ山脈は少しずつ本来の美しい姿を取り戻しています。

スロバキア タトラ山脈 ~森林再生プロジェクト~

熱帯雨林の保全 | ペルー・パプアニューギニア

ブラザーインターナショナル(ヨーロッパ)は、アマゾン川流域の環境保護活動を推進する「クールアース」とパートナーシップを結び、ブラザーの欧州販売拠点20社とともに、トナーやインクカートリッジなどの消耗品の回収量に応じて地球温暖化防止活動の資金援助を行う「Cool Earth Eco-Rewards initiative」を推進しています。資金はペルーとパプアニューギニアで熱帯雨林を守る活動に役立てられています。熱帯雨林の保全は、CO2の削減に役立つだけでなく、そこに生きる希少な生物を守ることにもつながります。

SDGs POINT

SDGs目標15「陸の豊かさも守ろう」には、陸域生態系の保護や回復をめざす“森林減少の阻止と劣化した森林回復”というターゲット(15.2)があり、SDGs目標6「安全な水とトイレをみんなに」には、安全な水資源の確保をめざす“山地、森林、湿地、河川など水に関連する生態系の保護・回復”というターゲット(6.6)があります、ブラザーは、失われた森林を再生し、美しい地球と生き物すべてに欠かせない環境を次世代に引き継ぐための取り組みを行っています。

この記事をSNSでシェア

関連トピックスRelated Topics