2022.2. 1

「東山動植物園いのちつなぐ基金」の感謝状が贈呈されました

ブラザー工業による、「東山動植物園いのちつなぐ基金」への継続的な支援に対して、東山動植物園(名古屋市千種区)から感謝状が贈呈されました。


「東山動植物園いのちつなぐ基金(名古屋市東山動植物園基金)」(外部)は、東山動植物園の将来に向けたさまざまな取り組みに活用される基金で、園内施設の整備や、動物たちが快適に過ごすための飼育環境の設備、環境教育の充実などに充てられます。


同基金へ一定額以上を継続的に支援する法人は、「東山動植物園いのちつなぐパートナー」として認定され、実績に応じて4段階のランクに分けられます。ブラザー工業はその中で最高位の「プラチナパートナー」に認定されています。


ブラザー工業は、1984年に名古屋市が日本で初めてコアラを招いた際、コアラ舎の建設費を東山動植物園に寄付して以降、学習施設「KOALA FOREST コアラの森」の寄贈、コアラ命名式への協賛など、東山動植物園に対して長年にわたりさまざまな支援を行ってきました。そして、2021年6月からは東山動植物園が進める「種の保存」と「環境教育」に関するオフィシャル広報パートナー(内部)として、東山動植物園が進める活動の啓発に協力しています。

感謝状の贈呈は、ブラザーミュージアム(名古屋市瑞穂区)にて行われました。東山動植物園の水谷総合園長から、日頃の同園への支援に対する謝意を述べられるとともに感謝状が手渡されました。
その後、館内にて、ブラザーの歴史や様々な製品をご紹介しました。

ブラザーは、これからも東山動植物園へさまざま支援活動を行っていきます。

この記事をSNSでシェア

関連トピックスRelated Topics