2019 / 9 / 6

「ブラザーアース キッズアカデミー」を
開催しました

夏休み期間、名古屋市にある学童保育(以下、学童)に通う児童たちを対象に、ブラザーミュージアムでイベントを10回開催しました。このイベントは、ブラザーらしい体験を通じて学ぶ楽しさ、地球環境の大切さを知ってもらうことを目的とし、延べ332人が参加しました。

地球環境への取り組みについて考える「ブラザーアース キッズアカデミー」のコーナーでは、地球温暖化と絶滅危惧種の関係について学びました。スタッフの「動物・植物が絶滅するのではなく、 “絶滅危惧種”という言葉が絶滅する未来にしていきましょう」との解説に、児童たちは真剣に聞き入っていました。また、温暖化防止につながる身近な活動としてうちわを紹介し、オリジナルのうちわ作りを楽しみました。

うちわ作りの様子

できあがったうちわ

子どもたちからは「地球を温暖化から守るため、自分も努力しようと思った」「温暖化で地球のさまざまな生物が苦しんでいることがわかり、これからは、温暖化に向き合っていきたい。」などのコメントをいただきました。

ブラザーは、次世代を担う子どもたちが地球環境について学ぶきっかけ作りを、これからも継続していきます。

SHARE