2014 / 9 / 25

回転数向上と省エネ、相反する性能の両立  -「低ノイズベルト駆動」-

家庭用ミシンは通常、回転数(スピード)が上がるほどに消費電力量は増加し、ベルトへの負荷が高まることでノイズも増えていきます。しかし、新たに採用した低ノイズベルト駆動方式は、高回転時であっても消費電力を抑え、かつノイズの低減を実現しました。これにより操作時の快適性、さらに回転数向上と省エネを両立させた次世代の家庭用ミシンが生まれました。

音に着目し、これらの相反する性能を両立させたブラザーの家庭用ミシンの技術を紹介します。

 

SHARE