アメリカ大陸 環境保全啓蒙プロジェクト 〜未来を見据えた環境保全活動と教育プログラム〜

Play

豊かな自然を未来に残すために。環境保全活動の啓蒙プロジェクト。

環境問題を抱える
広大なアメリカ大陸

南北に分かれるアメリカ大陸は、その広大さゆえ、地域ごとに様々な環境問題を抱えています。ブラザーインターナショナル(アメリカ)は、全米12の拠点ごとに地元の環境保全活動を支援し、ともに活動してきました。そして、環境への意識を高める教育プログラムを実施・啓蒙することで、末長く継続可能な、環境保全活動の下地をつくってきました。

地域の環境団体と連携した植樹活動

2010年から始まった「アーバーデイ財団」との植樹活動では、これまでに7万本以上の植樹を実現しました。その他にも、全米各地の環境保全団体と協力することで、ダメージを受けた森林の保護や水質保全のための植樹活動を行っています。また、“アースデイ”と呼ばれる世界中の人々が地球環境について考える日には、地域住民とも協力して、歩道清掃や植樹など、自然保護区の保全に一役買っています。

環境への意識を高める教育プログラム

各地での環境保全活動に加えて、ブラザーは環境教育へも力を入れています。新しい従業員が入社すると、最初にエコポイントや環境プログラムの説明を受けます。そうすることで、入社後に参加する環境活動への心構えが出来上がり、その意識は家族、そして地域に広がり、未来の活動に大きな影響を与えるはずです。

Voice

ブラザーインターナショナル(アメリカ)
シニア・バイスプレジデント / 上級副社長

ヘンリー・サッコ

私たちのビジネスが与える環境への影響と、いかにバランスをとっていくのか。その一つの答えが、アースデイ財団をはじめ、様々な環境団体と行う森林再生や森林保護活動でした。これは今後とも継続して続けていきます。そして、全米に12あるブラザーインターナショナルの全拠点で、地球環境に良い影響を与えていきたい。減少した森林を保全し、貴重な資源の保護を行い、そしてゆくゆくはブラザーの哲学である”At your side.”を浸透させたいと願っています。

Project Note

活動と教育によって、豊かな自然を未来に残す。

広大なアメリカ大陸では、大小様々な環境問題を抱えています。ブラザーインターナショナルは、各地の環境保全活動を行う団体とともに、森林再生、森林保護活動を開始。同時に、ブラザー従業員を中心に、環境への意識を高める教育プログラムを実施しています。未来の地球に、豊かな自然を残すための活動をこれからも続けています。

この活動は、皆さまからのクリック募金の支援により支えられております。
クリック募金に、ぜひ気軽にご参加ください。

クリック募金をする

Other story

SHARE