Eco Technology 塗装レス

Play

Mission

環境負荷を限りなく小さくした
無塗装で美しいボディの探求。

外観の美しさはそのままに、塗装による環境負荷を大幅に低減させたブラザーの『塗装レス技術』。無塗装にも関わらず、塗装したかのような高級感を引き出す技術の実現には、イノベーションに立ち向かう開発チームの創意と熱意がありました。デザイン性と環境性、そして機能性の両立に苦悩する技術者の挑戦に迫ります。

環境保護のさらに一歩先へ。

2009年よりブラザーの全てのプリンターは、外装に塗装を行わないことで、大気汚染物質(VOC)を削減。環境保護とデザイン性の両立に取り組んできました。さらに現在はその先の技術として、高品質な外観はそのままに、成形した部品がそのまま製品になる「機能部品と外装部品の一体化」に取り組んでいます。

デザイン性と機能性の両立。

機能部品と外装部品の一体化においては、樹脂の選定を見直し、質感を左右する金型を洗練するなどの工夫により、高級感のあるパーツを作り出しています。また、天面のドキュメントカバーのように“少しの反りもない”という機能性を要求されるパーツにおいては、コンピュータでの設計シミュレーションや金型の調整など、数え切れないほどの試作を繰り返しました。

技術者たちの挑戦は続く。

ブラザーの『塗装レス技術』が向上することで、環境保護にさらなる貢献ができるのはもちろん、従来の材料費や工程費を削減することが可能です。ブラザーのプリンターは世界中の家庭やオフィスで活躍しています。だからこそ、環境性・機能性・価格……あらゆる面で質の高い製品をお届けできるよう、ブラザーの技術者たちの挑戦はこの先も続いていきます。

Project Note

ブラザーこだわりの「塗装レス技術」。
美しさと環境へのやさしさを。

環境へのやさしさにこだわり続けてきたブラザーのプリンター。2009年以降は全モデル(※)で塗装レスを採用しています。これにより、発生する大気汚染物質(VOC)を削減、生産時のエネルギーの節約にも貢献しています。また、塗装レスでも美しい光沢加工を実現し、デザイン性と環境性の両立に成功しています。

※ 2013年3月現在。2009年以降に発表したインクジェットプリンター・複合機およびレーザープリンター・複合機において。ただし、ガーメントプリンターを除く。

世界初ブルーエンジェルマーク取得

ブルーエンジェルマークは、ドイツの連邦環境庁と品質保証・ラベル協会が運営する環境ラベルです。塗装レスの採用など、環境に配慮し続けてきた結果、2008年にインクジェット複合機では当時の基準で世界初となる認定を受けました。

Other Story

more

SHARE